SERVICE

出張健診のご案内

分からないことは何でも聞いてください!
健診のプロがお手伝いします!

「健診機関が遠く、なかなか受診できない」「社員がバラバラに受診するので健康管理が大変だ」とお困りの会社様には『出張健診』をご検討ください。

当会のスタッフと最新の健診車が会社様にお伺いし、健診させていただきます。
受診者様もわざわざ健診機関に行く手間が省け、一度にまとめて受診できるので、健診担当者様の管理も容易になります。
施設健診と合わせて受診者様の多様なニーズにお応えすることで、みなさまの健康維持のお手伝いができるよう努めております。

1|健診の相談・予約

ご予約の際には、希望健診日とおおよその検診内容をお伺いします。
健診のご調整は約2ヶ月前からスタートします。
 
 
 

 

2|打ち合わせ

 渉外担当がお客様の所へお伺いし、ご希望の健診内容の詳細や健診時間・人数・会場の大きさ等を確認し、お打ち合わせさせていただきます。
健診当日のスムーズな健診順路などもご提案させていただきます。
 
 
 

3|健診準備

所内連絡会議

打ち合わせした内容を渉外スタッフから各スタッフに伝達します。
スタッフはお客様のニーズに合った健診を行うため意見を交わし合い、ベストな健診を目指せるように準備します。 
 

 問診票・検査キットのご送付

 事前にいただく名簿から問診票を作成します。
また、健診コースに応じて検便や検尿など検査キットも合わせて送ります。担当者様は、対象の方に問診票と検査キットをお配りください。

4|健診当日

会場設営 

会議室を健診ができる状態にレイアウト変更します。
当施設より健診に必要な機材を用意して、準備させていただきます。
 

 

健診前確認~健診実施

健診開始前に各スタッフが集合し、健診内容や順路の最終確認を行います
この例では会議室と健診車を利用して健診を行っています。

 

5|結果処理

結果処理 

レポートシステムとホストコンピューターを連動させることにより、医師の判定を人を介さずに直接結果帳票へ反映させる仕組みにしています。これにより手作業による結果入力が省けるため、入力間違いがなくなります。
また、この事が結果処理のスピード化につながっています。
 

高精度の判定システム

画像データについては複数の医師が読影(二重読影)し、判定しています。また、「画像ファイリングシステム」と問診・診療情報や過去の結果データを保持し判定をサポートする「レポートシステム」とが連携されており、1つ1つの検査を個々で診断するのでなく、身体全体を様々な角度からアプローチすることで、より精度の高い判定をご提供します。

 

6|結果票をお手元へ

健診結果は検診日より約1週間でお届けしております!
 

    

BUS

健診バスのご紹介

保有健診車一覧(2020年4月1日現在)

胸部健診車

12台

胃部健診車(内2台胸部兼用車)

8台

マンモグラフィ健診車

2台

乳腺超音波健診車

2台

腹部超音波健診車(内1台乳腺兼用車)

2台

循環器健診車

3台

骨塩車

1台

子宮がん健診車

1台 

ご予約・お問い合わせ

受付時間・休診日

午前:08:45~11:45  午後:12:45~15:30
 休診日 土曜日・日曜日・祝日・創立記念日