本文へスキップ

大阪総合健診センターのホームページです

身体の部位と検査項目Clinical Test Item

トップページその他事業身体の部位と検査項目>血液検査・尿検査について



血液検査でわかること

貧血等について

検査項目 基準値 検査意義と目的
赤血球数 男 410〜560万個/μL
女 380〜500万個/μL
血液中の赤血球の数を調べるもので、少ないと貧血、多いと多血症が考えられます。
ヘモグロビン量
(血色素)
男 13.0〜17.5g/dL
女 11.5〜15.5g/dL
赤血球の代表成分で基準値以下の場合、貧血と診断されます。ヘモグロビンは、肺で受け取った酸素を全身に供給する重要な働きがあるため、中等症から重症の貧血では、息切れやめまいなどが現れてきます。
ヘマトクリット値 男 37.0〜52.0%
女 34.0〜45.0%
血液中に含まれる赤血球の(容積の)割合を表します。赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリットの3つの検査データから、貧血の種類をおおよそ診断することができます。
血清鉄 男 65〜205μg/dL
女 50〜185μg/dL
赤血球の原料となる成分です。鉄欠乏性貧血や栄養障害などで減少し、肝臓病では増加することがあります。
白血球数 3,500〜10,000/μL 白血球は、外部から侵入してきたウイルスや細菌などから身体を防御します。 白血球数が多い場合、感染症、膵炎などの炎症性疾患、まれに心筋梗塞、白血病などが疑われます。その他、大きな外傷、喫煙などでも増加します。また、少ない場合は、一部の感染症の初期、血液の病気、膠原病などが疑われます。
血小板数 13.0〜38.0万個/μL 血小板には、血液を凝固させて、止血する働きがあります。そのため、血小板が減ると、出血が止まりにくくなります。基準値未満の場合、血液の病気や肝臓病などが疑われます。
貧血の原因は、
 @原材料不足(鉄欠乏性貧血など)
 A造血器の不良(再生不良性貧血など)
 B赤血球の破壊亢進(溶血性貧血など)
 C赤血球の血管外への喪失(出血性貧血)
 D慢性炎症(膠原病など)に大別されます。
実際には@の場合が圧倒的に多く、鉄分、蛋白、ビタミンなどの補給により多くは改善されます。しかし、時には重大な病気が隠れている場合もあるので、治療を必要としない程度の貧血でも、定期的に経過観察していくことが大切です。
なお、女性の場合は、子宮筋腫が貧血の原因になっていることも珍しくありません。 貧血の場合の日常生活の注意点
 @欠食せず、1日3食、栄養のバランスが取れた食事を心がけましょう。
 A積極的に摂りたい食品・鉄分の多い食品・良質のタンパク質・ビタミンCの多い食品・ビタミンB6の多い食品・ビタミンB12の多い食品・葉酸の多い食品
 B食事中のコーヒー、紅茶、緑茶は控えめに
 C過労や睡眠不足に注意しましょう。
 Dタバコは控えめにし、適当な運動を心がけましょう。


脂質について

検査項目 基準値 検査意義と目的
総コレステロール 120〜219mg/dL 血液中のコレステロールや中性脂肪が多い状態を高脂血症と呼びます。どちらも身体には必要なエネルギー源ですが、多すぎると動脈硬化を促進させ心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。とくに45歳以上の男性と閉経後の女性では、心筋梗塞などの危険性が高くなるので、注意が必要です。 コレステロールには、動脈の血管壁に溜まって、動脈硬化を促進するLDL(悪玉)コレステロールと、その悪玉を血管壁から肝臓に運び去るHDL(善玉)コレステロールがあります。善玉を増やし、悪玉を減らすように心がけましょう。 遺伝的背景の影響が強い場合には、食事などの生活習慣の改善だけでは、なかなか高脂血症を管理できませんが、有効な薬剤の服用によって、多くの場合には、良好な治療効果が得られます。


・LDLコレステロールが高め、HDLコレステロールが低めな場合の生活改善のポイント
 @肥満の改善
 A禁煙
 Bコレステロールを多く含む食品を控えめに
 C積極的にとりたい食品・食物繊維を多く含む食品、青背の魚、
  植物油、ビタミンを多く含む食品
 (ビタミンC、ビタミンE、ベータカロテン)
 D就寝前の食事は控えましょう  
 E有酸素運動

・中性脂肪の高めな場合の生活改善のポイント
 上記@ADEは同じですが、 
 Fアルコールは控えめに
 G糖分も控えめに
HDLコレステロール 男 40〜80mg/dL
女 40〜90mg/dL
LDLコレステロール 70〜139mg/dL
中性脂肪
(トリグリセライド)
30〜149mg/dL


肝機能について

検査項目 基準値 検査意義と目的
総蛋白 6.5〜8.5g/dL 総蛋白は、血液中のタンパク質であるアルブミンとグロブリンの総量です。 その多くは肝臓で作られるため、肝臓の働きが悪いと低下します。その他、栄養不良、消化吸収障害、腎臓病などでも低下します。
アルブミン 3.2〜5.2g/dL
総ビリルビン 0〜1.2mg/dL 赤血球中のヘモグロビンからつくられ、肝臓で処理される色素です。胆のうや肝臓の病気、血液疾患で増加し、その結果として、黄疸(皮膚が黄色くなる)が現れてきます。
ZTT(クンケル) 0〜6.0単位 血液中のタンパク質の性質を調べます。肝臓病以外に膠原病などでも上昇します。
TTT(チモール) 2.0〜12.0単位
AST(GOT) 7〜40IU/L未満 おもに肝細胞の中にある酵素で、肝細胞が障害されたり破壊されたりすると、血液中に溢れ出し上昇します。また、ASTは心臓や筋肉の病気でも上昇します。
ALT(GPT) 3〜49IU/L未満
γ-GTP 男 〜80IU/L
女 〜40IU/L
肝細胞に存在し、慢性肝炎の活動期や肝硬変、胆のうや胆管の病気で胆汁がうっ滞すると、ALPなどと共に増加します。飲酒によっても増加します。
ALP 110〜350IU/L 肝臓や骨などに含まれる酵素で、胆汁の流れの悪い場合や骨の異常などで上昇します。
LDH 120〜250IU/L 体の中で糖がエネルギーに変わるときに働く酵素で、全身の組織細胞の中に含まれています。損傷した臓器からLDHが溢れ出てくるため、肝臓だけではなく、心臓、肺、腎臓、骨格筋、血液などの病気でも上昇します。
LAP 男 40〜82IU/L
女 30〜65IU/L
タンパク質を分解する酵素で、胆道から排出されますが、胆汁のうっ滞がおこると、血液中に増加します。そのため肝臓や胆道の異常の手掛かりとなります。
Ch−E
(コリンエステラーゼ)
男 240〜490IU/L
女 200〜440IU/L
肝臓のみでつくる酵素です。脂肪肝以外に腎臓病、甲状腺機能亢進症などで上昇します。逆に、慢性肝炎や肝硬変、その他栄養失調や消耗性の病気などで低下します。
肝臓が弱っている人の日常生活の注意点
(※治療中の方や重症の方は主治医にご相談ください)
  @アルコールは控え、休肝日を設けましょう
  A肝臓を修復するため、良質の蛋白質を十分に摂取してください
  B肝機能の回復を早めるためビタミン・ミネラルを十分に摂取してください
  C脂肪・糖質のとりすぎに注意しましょう
  D香辛料・コーヒーは控えめにしましょう
  E脂肪肝の場合、積極的な運動も取り入れて肥満を改善しましょう
  Fタバコはやめるのが理想的です
  G過労やストレスは避け、十分に睡眠をとりましょう


肝炎ウィルスについて

B型肝炎は血液や体液を介して感染するため、輸血の際の感染、出産時の母子感染、性行為などによる感染が考えられます。 しかし現在は、輸血による感染はほとんどなく、母子感染についてもワクチンの使用により、新しいキャリアは急速に減少しています。
検査項目 基準値 検査意義と目的
HBs抗原 0〜0.9col
(−)
現在、B型肝炎ウィルスに感染しているかを調べます。 陽性(+)の場合は、現在B型肝炎ウイルスが体内に存在していることを示すので、さらに詳しい検査を受けることをお勧めします。
HBs抗体 0〜9IU/L
(−)
陽性(+)の場合、すでにB型肝炎ウイルスが体内に入り、それに対する防衛物質の抗体を有している状態です。B型肝炎にかかることはきわめて稀です。
HCV抗体 0〜0.99S/CO C型肝炎ウイルスが、現在体内に存在している、あるいは過去に存在していたことがある場合に上昇します。そのため数値が高い場合はさらに詳しい検査が必要です。 B型肝炎と同じく血液や体液を介して感染します。C型肝炎は慢性化しやすく、感染しても肝炎特有の症状が出ないまま慢性肝炎に移行することも多く見られます。また、慢性肝炎が長く続くと、肝硬変や肝臓がんになることがあり、肝臓がんの多くは、このC型肝炎ウイルスが原因です。


糖尿病について

これらは、糖尿病を調べる検査です。
糖尿病は、膵臓で作られるインシュリンというホルモンの量や働きが不足して、血糖値が高くなってしまう病気です。
糖尿病は、かなり悪化するまで自覚症状が乏しいために軽視しがちですが、放置すると  
 @糖尿病性網膜症(眼底出血)による失明  
 A糖尿病性腎症  
 B神経障害
といった、恐ろしい合併症が生じてきます。
また、糖尿病境界型のうちから、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化が進行したりするので、血糖値をコントロールするのは、極めて大切なことです。
そのコントロールの基本は食事療法、そして運動療法ですが、経口薬剤やインシュリン注射が必要なこともありますので、検査の結果、「要医療」と判定された方は、一度医師にご相談ください。
検査項目 基準値 検査意義と目的
血糖
(グルコース)
60〜109mg/dL 血液中のブドウ糖を測定して、主に糖尿病をチェックします。
HbA1c
(グリコヘモグロビン)
4.3〜5.8% 過去1〜3ヶ月の平均血糖値を推定する検査です。


腎機能について

検査項目 基準値 検査意義と目的
尿素窒素 7〜23mg/dL 尿素は肝臓で生成されます。尿素窒素は尿素の中に含まれる窒素成分です。蛋白質が利用された後にできる老廃物で、腎臓の糸球体で、ろ過され尿中へ排出されます。腎臓の働きが低下すると、ろ過しきれない分が血液中に増加します。つまり腎機能が低下していると数値が高くなります。
【疑われる疾患】
(高値)腎炎、尿毒症、ネフローゼ
(低値)重症の肝機能障害、肝硬変の末期
クレアチニン 男 0.6〜1.0mg/dL
女 0.4〜0.8mg/dL
筋肉の中にはクレアチンリン酸と呼ばれる窒素化合物が含まれています。これが酵素の働きによってクレアチンに分解されるときエネルギーを放出し、そのエネルギーを使って筋肉は動きます。筋肉運動のエネルギー源となるクレアチンが代謝されてできた物質がクレアチニンです。クレアチニンは腎臓の糸球体でろ過され尿中に排泄されます。尿素窒素と同様に腎機能が低下していると数値が高くなります。
【疑われる疾患】
(高値)腎炎、腎不全、尿毒症、腎盂腎炎
(低値)筋ジストロフィー


痛風について

検査項目 基準値 検査意義と目的
尿酸 0〜6.9mg/dL 尿酸は、体内で「プリン体」という核酸の構成成分の一つからつくられます。その産生量が多すぎるか、または排出量が低下すると、尿酸が増えて「高尿酸血症」の状態になります。尿酸が高くなると痛風になるため、その診断をおこなう検査。
食事と嗜好品
 @肥満を改善し、カロリーの取りすぎに注意しましょう。
 Aアルコール類は控えめにしてください。
 B水分を多く取って、尿量をなるべく増やしましょう。
 C野菜・果物を十分に摂取しましょう。
 Dプリン体を多く含む食物を食べ過ぎないようにしましょう。
  (レバー類、鶏ガラスープ、鰹(かつお)、鯵(あじ)、鰯(いわし)など)
※心臓・腎臓病の方には、水分制限が必要な場合があります。他の病気で治療中の方も含め、食事や運動の指示は、主治医にご相談ください

膵機能について

急性膵炎、慢性膵炎の悪化、唾液腺の炎症、大量飲酒後などに上昇します。
検査項目 基準値 検査意義と目的
血清アミラーゼ 31〜117Iμ/L アミラーゼはでんぷんなどの糖類を分解する消化酵素で、おもに唾液腺や膵臓から分泌されます。
尿アミラーゼ 100〜800Iμ/L


腫瘍マーカーについて

体内にがんが出来ると、健康なときにはほとんど含まれない特殊な蛋白や酵素、ホルモンなどが、血液や尿の中に異常に増えることがあります。
従って、それを測定すれば、がんの発見につながります。
この特殊な物質が腫瘍マーカーです。
腫瘍マーカーには、早期がんでは反応の弱いものもあれば、良性の腫瘍やがん以外の病気でも、強い陽性を示すものもあります。
したがって、腫瘍マーカーはがんを診断するものでなく、臓器ごとに強く反応するものをいくつか組み合わせて、診断の手掛かりを得るための検査として、用いられるものです。
高値の場合は、精密検査が必要です。
検査項目 基準値 検査意義と目的
CEA 0〜5.0ng/mL とくに消化器系のがんを調べるために用いられます。 高値の場合は、大腸・胃・膵臓がんなどが疑われますが、肺・甲状腺・乳腺・卵巣・子宮がんなどの可能性もあります。また、肝硬変や肝炎、肺疾患、胃十二指腸潰瘍、多量喫煙でも上昇することもあります。
α−フェト蛋白 0〜20ng/mL 肝臓がんだけでなく、肝炎や肝硬変でも上昇します。
CA19−9 0〜37μ/mL 膵臓・胆のう・胆管がんなど、消化器系のがんで上昇します。
また、肝硬変、肝炎、胆石、慢性膵炎でも上昇します。
PSA 0〜4.0ng/mL 主に前立腺がんで上昇します。また、前立腺肥大や前立腺炎でも上昇することがあります。
PAP


甲状腺機能について

T4(T3)が高い場合は、動悸、発汗、体重減少などを主症状とする、甲状腺機能亢進症が疑われます。進行すると心不全をおこすこともあります。
T4(T3)が低い場合は、低体温、浮腫、無気力などを主症状とする、甲状腺機能低下症が疑われます。
検査項目 基準値 検査意義と目的
サイロキシン(T4) 6.0〜12.0pg/dL 血液中には、T4(サイロキシン)とT3(トリヨードサイロニン)という甲状腺ホルモンが分泌されています。これらは、 エネルギー代謝を調節する重要なホルモンですが、甲状腺の異常で多すぎたり、不足したりすると、様々な症状が現れます。


リウマチについて

RAテストは、膠原病の中でも特に多い関節リウマチ(RA)の診断に役立ちます。
ただし、関節リウマチでも約20%の人は陰性(-)を示すので、確定診断はできません。
またその他の膠原病、結核、感染症、肝硬変などでも陽性(+)を示すほか、健康な人でも、陽性になることもあります。
強陽性(2+)と判定された方、あるいは毎年、陽性と判定されている方は、精密検査を受けることをお勧めします。
検査項目 基準値 検査意義と目的
リウマチ反応
(RA試験)
(−) 抗体が自分の体を攻撃してしまう病気(慢性関節リウマチなど自己免疫疾患)の代表的なものが膠原病です。



尿検査でわかること

尿は血液中の代謝産物・老廃物などが腎臓によってろ過され、膀胱で一旦留まった後、尿道を経由して排泄されます。腎臓や尿路の異常を確かめるために尿の成分を調べます。


尿蛋白
主に腎臓や膀胱に異常がある場合尿中に排出されますが、健康な人でも
 @大量の蛋白質を摂取した時
 A発熱時(一時的)
 B激しい運動後
 C冷水浴後 (一時的)に排出されることがあります。
また、起立していると蛋白尿をきたし、横になると蛋白尿が消失する起立性蛋白尿と言われるものもあります。
【陽性になる疾患:腎炎、ネフローゼ、妊娠中毒症、心不全など】

尿糖
通常尿に糖が排出されることはありません。
腎臓の機能に異常がある場合や血糖値が一定数値(通常約160〜180mg/dl)を超えた場合、腎臓で再吸収しきれなくなり尿中に糖が出てきます。
高血糖を伴わない場合でも腎臓の再吸収の障害により尿糖が陽性になる場合があります。
【陽性になる疾患:糖尿病、腎性糖尿など】

尿潜血
通常尿に赤血球は含まれません。
尿路(腎臓・尿管・膀胱・尿道)に異常があると尿の中に、わずかに赤血球(ヘモグロビン)が混じってくることがあります。
潜血が陽性であってもどこの部位に異常があるのかは特定できません。
尿沈渣等の精密検査が必要になります。
女性では生理中(前後も含め)の場合でも潜血が陽性になったり、帯下(たいげ、”おりもの”ともいう)が混在して白血球や扁平上皮が増える場合があります。
【陽性になる疾患:腎炎、膀胱炎、腎臓の外傷、腎結石、尿管結石、尿道炎、前立腺炎、各部位の腫瘍など】

尿ウロビリノーゲン
古くなった赤血球が肝臓で分解されてできるビリルビンが胆汁となって腸内に排出され、腸内細菌に分解されてできたものです。
大部分は、便と一緒に排泄されますが、少量が血液中に吸収され、尿中に排泄されます。
通常、尿中にわずかなウロビリノーゲンが検出されます。
【陽性になる疾患:急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、溶血性黄疸など】
【陰性になる疾患:胆道の完全閉塞など】

尿比重
尿の中の水分と、水分以外の物質の割合を算出したものです。
尿には水分のほかに、尿素や窒素、ナトリウム、クロールなどが含まれています。
そのため、尿の比重は水よりもやや高く、健康時には1.002〜1.030といった範囲ですが条件によって変動します。
腎臓は必要に応じて濃い尿や薄い尿をつくり、またそれを排泄することによって体内の水分量を一定に保っています。
水をあまり飲まないと尿比重が上昇しますが、腎臓の働きに異常があるとそれができません。
尿比重はそれをみるものです。
【高比重になる疾患:ネフローゼ症候群、糖尿病、心不全など】
【低比重になる疾患:慢性腎炎、尿崩症など】

尿沈渣
尿を遠心分離器にかけて沈殿した有形成分(赤血球、白血球、尿路系、細胞、円柱など)を顕微鏡で観察し、それらの数をカウントしたり、特殊な染色液で染めてどの細胞がどれだけ存在しているかを調べたりすることで腎臓や尿路系の疾患の診断に役立てます。
(泌尿器の部位と細胞の種類)
■尿沈渣の異常所見と予想される病気
1)赤血球の増多
 疑われる疾患:大部分の腎臓、
 尿路系の疾患(急性腎炎、腎盂腎炎、腎腫瘍、膀胱腫瘍、尿路結石、膀胱炎など)
 結石では疼痛、膀胱炎では頻尿などの自覚症状が多い。

2)白血球の増多
 疑われる疾患:腎盂腎炎、膀胱炎、炎症性疾患など
 細菌を認める場合には培養検査が必要です。

3)移行上皮細胞
 腎盂、尿管、膀胱、尿道口までの内腔を構成する細胞です。
 構成する部位に炎症性の疾患がある場合に尿中に出現します。
 疑われる疾患:結石、炎症性疾患、腫瘍

4)腎尿細管上皮細胞
 尿細管の内腔を構成する細胞です。尿細管に何らかの障害がおこり、尿細管上皮が
 剥離・脱落し尿中に出現します。
 疑われる疾患:慢性糸球体腎炎、ネフローゼ、腎盂腎炎など

5)硝子円柱
 円柱は尿細管の中で作られます。尿細管から分泌される蛋白質が固まって寒天のような状態に
 なったもので、尿細管の内腔を鋳型として尿中に排出されます。
 健康な人でも排出される場合があります。
 この寒天状態の中に赤血球や白血球、細胞が混じっている場合があります。
 この場合は要注意です。

6)顆粒円柱
 尿細管内で細胞が円柱状に固まった状態で排出されます。
 疑われる疾患:腎盂腎炎、糸球体腎炎など

※円柱は尿細管でできるものです。円柱の中に赤血球、白血球、尿細管上皮、脂肪などで構成されている場合は尿細管、あるいはその上流の糸球体に病気があることを示しています。したがって、異常な円柱があるか無いかで、腎臓の病気か、尿路の病気かを区別することができます。
例えば血尿があり、円柱の中にも赤血球が含まれている場合には、赤血球は糸球体から出たものと考えられます。

Osaka Anti-tuberculosis Association
  〒541-0045 大阪市中央区道修町4−6−5  TEL 06-6202-6666(代表) ・ FAX 06-6202-6686
  受付時間 午前8時45分〜11時30分 / 午後0時45分〜3時30分