本文へスキップ

一般財団法人 大阪府結核予防会のホームページです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06-6202-6666

〒541-0045 大阪市中央区道修町4−6−5

身体の部位と検査項目Clinical Test Item

トップページ健診案内 >身体の部位と検査項目


★見たい部位をクリックしてね!

全身図

聴力検査とは?

耳解剖図

音は、外耳道を通って鼓膜に達し、鼓膜を振動させます。その振動が中耳にある耳小骨で増幅され、内耳にある蝸牛で電気信号に変換されます。その信号が神経を通って脳に伝わります(右図参照)。
聴力検査は、さまざまな周波数の音の聞こえ具合を調べ、聞こえにくい場合は、その原因が外耳から中耳までにあるか(伝音性聴力障害)、内耳から脳までの間にあるか(感音性聴力障害)を調べる検査です。


聴力検査方法

ヘッドホンを用いて片耳ごとに聴力を測定します。音が聞こえたら、手元の信号ボタンを押して頂きます。

オージオ検査 1000Hz及び4000Hzの音を一定の強さで出しておき、これが聞こえるか否かを調べます。
1000Hzで30dB(デシベル)、4000Hzで40dB以下の小さな音が聞こえれば正常とします。高齢になると高音の4000Hzは聞こえにくくなります。
聴力1次検査 1000Hz及び4000Hzの音で「きこえる」と「きこえない」とのさかい目の音の強さ(最小可聴域値)を調べます。
聴力2次検査 250Hzから8000Hzまでの音に対して最小可聴域値を測定し、聴力低下がないかを調べます。聴力低下がある場合は、耳周りの骨(頭の骨等)に専用の振動子をあてて、それぞれの音に対して最小可聴域を測定する骨導検査を行い、聴力低下が伝音性のものか、感音性のものかを調べます。


眼底検査とは?

眼解剖図

動脈などの血管は皮下の深い層の中にあるので、肉眼で見ることはできません。しかし、特殊な装置で眼底をのぞくと外部から網膜部分の血管を観察・撮影することができ、動脈硬化や脳出血の危険性の有無を知ることができます。


眼底検査方法

眼解剖図

眼底カメラの顔受け台に顎をのせ、目をなるべく大きく開いて、レンズの中の緑色の点を見ます。 写真撮影を行いますので、
シャッターを切った時、フラッシュの光のため一瞬目がくらみますが、すぐに回復します。検査時間は数分で終了します。


判定方法

血管の形状(色や形、走行の仕方)、出血の有無、病気の進みぐあいの診断に役立てます。

シャイエ分類
H(高血圧性変化)
S(動脈硬化性変化)
糖尿病性変化
異常なし
0度 異常なし T 毛細血管瘤
静脈の変化
1度 軽度 U 点状出血
2度 中等度 V 斑出血、滲出斑
3度 重度 W 硝子体出血
4度 極めて重度 X 増殖性網膜炎


甲状腺超音波検査とは?

甲状腺は、喉頭気管の前面と側面に位置し、甲状腺ホルモン(T3、T4)という体に必要不可欠なホルモンを造る内分泌臓器です。超音波検査は、甲状腺の腫大や萎縮、甲状腺内の腫瘍の有無などが分かります。甲状腺腫瘍やバセドウ氏病、橋本病などの診断に役立ちます。

甲状腺解剖図


乳腺検査とは?

乳腺超音波検査とは?

超音波を乳房に当てて、その反射(エコー)を画像にし、乳房の病気を見つけだす検査です。乳がんや乳腺症、乳腺嚢胞、良性腫瘍などの乳房異常を発見することができます。

乳房US画像

乳腺超音波検査方法

乳房に探触子(プローブ)を軽く押し当て、観察・撮影を行います。 超音波を利用した検査ですので、被爆の心配は全くありません。


マンモグラフィ検査とは?

乳房を見えやすくするために、乳房をはさみ込んで(乳房に圧迫をかけて)撮影する乳房専用のエックス線装置です。非触知乳癌(触診ではわからないような小さな乳癌や腫瘤をつくらない乳がん)などを鮮明に微細石灰化として写すことができます。

MMG画像

マンモグラフィ検査方法

乳房専用のエックス線装置の板で乳房をはさみ込んで撮影を行います。
はさみ込むので痛みを伴うことがありますが、よりよい写真を撮るためですのでご理解ください。

MMG撮影器


心臓の検査とは?

心電図検査とは?

心電図検査とは、心臓の活動により生じる電気的変動を波形に変換し記録するものです。不整脈や虚血性心疾患など、心臓に異常がないか調べることができます。

心臓解剖図 心電図

※両手首、両足首と、胸部6箇所に電極を付けて、心臓の電気的変化を記録します。(12誘導心電図)電極を付けていただき、安静にしておくだけですので、まったく痛みはありません。検査時間も数分で終了します。



肺の検査とは?

肺は気管支、細気管支、微細な肺胞、血管が集まって出来た臓器です。肺胞で吸った空気から酸素を吸収し二酸化炭素を排出しています。
呼吸により外界の空気と直接、接してるために粉塵や細菌などにさらされ炎症や感染症などにかかりやすい臓器です。また、体中の血液が循環するところでもあり血管の走行異常や高血圧、心肥大など種々の疾患が胸部撮影では分かります。

胸部エックス線検査とは?

エックス線を使用して胸の内部を写真に写しこみます。エックス線は体を透り抜けるため骨、血管、リンパ節、筋肉などは白く、肺自体は空気が多いので黒く写ります。
肺を広くフィルムに写すために深呼吸(最大吸気)で2,3秒息を止めて撮影を行います。

  • 胸部間接撮影:10p×10pを1コマとして撮影する様式で一般的な集団検診に用いられます。
  • 胸部直接撮影:36p×36pのフィルムで肺をほぼ等倍に撮影します。

写真のサイズが大きいため間接撮影に比べ精細に撮影が出来ます。

肺解剖図 X線画像

胸部エックス線写真から分かること
肺炎、塵肺、肺結核、気管支炎、肺がん、縦隔腫瘍、肺性高血圧、心肥大、肺梗塞、肺水腫、肺気腫気胸など


CT検査とは?

CT(Computed Tomography:コンピュータ断層装置)とは、コンピュータを使った断層装置で、人体の横断面画像を撮影(スキャン)し目的とする臓器を検査する装置です。


胸部CT検査とは?

CT画像

従来のヘリカルCTでは1センチ幅で撮影開始から終了までが約30秒の息止めで被ばく線量が約18ミリグレイ。
同様にMDCTでは1センチ幅で撮影開始から終了までが約14秒の息止めで被ばく線量が約8.8ミリグレイで、しかも3ミリ幅の画像を同時に収集でき、息を止めている時間も短くてすみ、被検者側の負担も軽くなります。
 ただ、撮影する画像を精細にするために、撮影間隔を細かく撮影すれば良いというわけではありません。細かくし過ぎても診断の精度に差が出ないからです。
 胸部撮影の場合1センチ以下の肺がんは早期であることが多く、また治癒率も高いといわれます。 CT検査で診断をつける場合、1回の検査で1センチの画像と3ミリの画像を同時に見ることができれば、より質の高い診断ができます。つまりMDCTでは1回の撮影で、精密検査と同様、質の高い検査ができるようになったのです。
撮影時は、目的部位のスキャノグラムを撮影してからCTの撮影範囲と描出する画像の厚みを決定し、余分な撮影範囲を省くことにより、画像をより鮮明に撮影します



胃の検査とは?

胃(消化器・胃透視)検査とは?

胃は通常では、エックス線を使用しても撮影することが出来ません。
そこで食物を消化する胃液で満たされた、胃の壁(粘膜層、粘膜下層、粘膜下筋板、筋層、漿膜からなる)をよりよく観察できるようにバリウムを飲みます。
胃壁にバリウムが付着することにより、エックス線がバリウムに吸収され、胃の状態が観察できるようになります。
 胃炎や潰瘍、胃がんでは胃壁が荒れたりしますので、正常の胃壁とは異なったバリウムの付着具合を観察できます。また、ポリープなどの隆起性病変はバリウムがうまく付着せず丸く黒いリング状に写し出されますので良く観察できます。

胃(消化器・胃透視)検査方法

検査当日は絶食で行います。検査の前準備として胃の緊張を和らげ、胃酸分泌を抑えるために注射を打ちます。
胃が緊張していると、蠕動運動が大きく、バリウムがすぐに流れてしまいます。
また、胃酸の分泌量が多いと、バリウムが胃壁に付き難く、検査がうまくいかないこともあります。
(検査場の都合や本人の健康上の問題により、この注射を打てないこともあります)
次に胃壁をよりよく観察するために、胃を膨らませるための発泡剤を飲んでいただきます。
お腹が張ってゲップが出そうになりますが、胃の中をよりよく観察、撮影するために我慢していただきます。
撮影室に入室後、撮影者の指示に従ってバリウムを飲んでいただきます。
食道の通過を観察、撮影し胃の検査に入ります。
撮影は食道〜胃〜十二指腸と行います。
撮影中はバリウムを胃壁によく付着させるために撮影者の指示に従って、体の向きを右に左にまた、うつ伏せ、仰向き、立位、臥位と動かせていただきます。また撮影中は事故防止のために撮影者の指示に従って体を動かせてください。
また、人によりますが圧迫筒を使用して胃を押さえた状態を撮影します。
稀に発泡剤、バリウムで気分を悪くなることがあります。そのときは我慢せず係りの者に申し出てください。

> CT画像 CT画像

胃内視鏡検査とは?

胃透視検査同様に、絶食で胃の中を空っぽの状態にし、内視鏡で食道から胃、十二指腸までを観察します。
バリウム検査との違いは、直接病変部分を観察、撮影でき、その部分の細胞を採取(生検と云います)することにより細胞単位で精密で確実な診断が出来ることです。
ただ、内視鏡で見える範囲が狭く、大きな病変の場合は全体像の把握が困難となる欠点があります。

検査当日

当日絶食で行います。
内視鏡を飲み込むために咽の奥に麻酔をかけます。
麻酔が十分に効いてから、ベッドに横になり口にマウスピースを噛み内視鏡を挿入します。
医師が空気で胃を膨らませつつ、食道から胃、十二指腸まで送りながら観察します。
検査中はお腹が張って苦しいことがありますが、ゲップは我慢してください。
胃を空気で膨らませるため、お腹が張った感じがして痛みを伴うことがありますが、検査が終了すれば寛解します。(痛みには個人差があります)

CT画像

検査結果
食道  : ポリープ、粘膜下腫瘍、食道がん、食道炎、食道静脈瘤、憩室など
胃   : 胃酸過多、胃炎、胃潰瘍、胃がん、ポリープ、粘膜下腫瘍、静脈瘤、憩室など
十二指腸: 十二指腸潰瘍、ポリープ、十二指腸炎など



腹部の検査とは?

腹部超音波検査とは?

超音波とは周波数が2万ヘルツ(Hz)以上の音波で腹部では、3.5から7.5メガヘルツ(MHz)(350万ヘルツ〜)を使用します。
体内に発振された音波は物質の密度の変化により音質を変化させ、反射して音波を発信したプローブに戻ってきます。この戻ってきた時間差を利用し画像として表示し検査を行うのです。
利点として、X 線のような被爆を考えないで済むこと、また生体内の情報をリアルタイムに表示できることにあります。
健康診断で対象とする腹部の臓器は、胆のう、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓の5項目です。


検査の目的

人は日々の生活の中で様々なストレスにさらされています。それは、生活習慣と密接につながり体の各臓器もそのストレスにさらされています。
例えば、夜勤で帰りが遅くなり食べて直ぐに寝てしまうなど。は脂肪肝の原因にもなります。
その臓器が受けているダメージを超音波により検査することが目的です。


検査方法

お腹を広く出していただいて、ゼリーを塗ります。ゼリーを塗ることにより超音波が体の内部まで届くようにします。
後は技師の指示に従って息を吸ったり、お腹を膨らませたりします。時間は5分〜約10分です。
走査の方法により肋骨の間から見ることがあります。多少痛みを感じることがあります。

腹部画像

(腹部解剖図)


肝臓画像

ex.腹部エコー画像(肝臓)



大腸の検査とは?

大腸検査(注腸エックス線検査)とは?

大腸も通常はエックス線では写し出すことが出来ません。そこで、胃の検査同様にバリウムを用いて検査を行います。
大腸は食べたものを肛門から排泄するまでに12〜24時間かかります。(個人差はあります)
そのために検査までに大腸の中を空っぽにするには、検査数日前より検査食による準備を必要とします。
検査食は以前よりは改善され食しやすくなっています。
検査前日の晩より絶食で行います。
検査は肛門部(大腸の出口)から回盲部(大腸の入り口)までを検査します。
バリウムは液体なので細かい場所まで観察することが出来ます。
大腸エックス線検査は、血便や便の潜血反応が陽性の人を対象に行います。

検査方法

大腸を肛門部からカテーテル(塩ビ製の管)を入れて空気で膨らませつつバリウムを注入します。
肛門部、直腸〜S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸〜回盲部までを下から順に観察、撮影を行います。
大腸は所々曲がりくねっているために、管が入っている状態で、体を左に右にうつ伏せになったり、仰向きになったりと動かせながら観察、撮影を行います。またバリウムを流していくために撮影台を
立てたり(立位)寝かせて頭側を低くしたり(頭低位)します。
検査中は事故防止のため、撮影者の指示に従って体を動かせてください。

大腸図

大腸ファイバー(内視鏡)検査とは?

内視鏡図

大腸ファイバー(以下、内視鏡)検査は注腸エックス線検査と併用して行います。
注腸検査との違いはバリウムを使用せず、内視鏡により直接、大腸の中を診ます。
診ていくところは同じで肛門部より回盲部までを観察、撮影します。
ただ、胃と違い大腸は中が狭くリング状のヒダで囲まれているために、死角となる部分が多く、大きな病変がある場合、通る空間が狭くなりその先を観察することが出来ない場合があります。


検査方法

前処置(絶飲食)により大腸の中を空っぽの状態で観察、撮影します。
経皮麻酔を肛門に施し、内視鏡を挿入します。
曲がりくねった大腸を空気で膨らませて、内視鏡を直線的に押し進めていきます。このとき、お腹が空気により張って多少の痛みを伴うことがあります。
内視鏡の利点としてポリープなどを発見した場合、病変部分の細胞を採取することにより(生検と云います)細胞単位で精密で確実な診断を可能とします。

大腸図

大腸がんの症状

一番気をつける症状は血便や便潜血反応陽性です。また便秘あるいは下痢の繰り返し、便が細い、お腹が張ってガスが出ないなど大腸の中が細くなっている可能性のある症状にも注意が必要です。
ただ大腸がんは無症状のことが多く、血便も痔と勘違いしがちです。
痔がある方も40歳を過ぎたら一度検査をお勧めします。


このページの先頭へ


(男性)前立腺の検査とは?

前立腺検査とは?

前立腺は男性だけにある分泌腺で、膀胱のすぐ下にあります。
前立腺の検査には以下の方法があります。

前立腺図

PSA(Prostate Specific Antigen:前立腺特異抗原)

PSAは前立腺で産生される蛋白で、血液中のPSA値が高いと前立腺肥大・前立腺炎・前立腺がんなど前立腺の病気の可能性があります。
ただし値が高いだけで前立腺がんの有無がわかるわけではありません。
0〜4.0 ng/ml を基準値としていますが、4.0 ng/ml以上であっても前立腺がんでない人は多く、また4.0 ng/ml 未満でも絶対に前立腺がんでないと断言できません。
当所では、化学発光免疫測定法(CLIA法)を用いています。


直腸診

医師が肛門から指を直腸に挿入し前立腺の大きさや形、硬さなどを触診します。
(※当所では実施していません)

超音波検査

肛門から前立腺専用の超音波装置を挿入し画像で前立腺の状態を見ます。
(※当所では実施していません)


症状

前立腺がん

前立腺の外腺に発生しますが、早期では症状を伴わない場合が多く、定期健診が勧められる理由はここにあります。進行すると腫瘍が大きくなり尿道を圧迫することになります。
このため頻尿になったり尿が出にくくなったり、痛みを伴うこともあります。

前立腺肥大

前立腺の内腺が過度に増大したもので、前立腺の大きさから増加することです。
頻尿など症状は前立腺がんに似ています。



(女性)子宮がん検査とは?

子宮がん検査とは?

子宮解剖図

子宮がんは大きく分けると、子宮頸部(子宮の入り口)にできる子宮頸がんと子宮体部(子宮の奥のほう)にできる子宮体がんがあります。
子宮がんの70〜80%は子宮頸がんで、20〜30代の若い女性に増えています。
早期の子宮頸がんや前がん病変(正常組織よりも癌を発生しやすい形態学的に変化した組織のこと)は無症状の場合が多く、当センターでは子宮頸がん検診を実施しています。

婦人科医による内診と、細胞診という検査をします。
子宮の細胞は、ホルモン状態・年齢などによって変化するので、細胞像は月経周期・ホルモン剤の使用・年齢などを考慮して観察しています。


子宮頸がん検査の流れ

問診票記入 診察を受けるための大切な情報です。
できるだけ詳しく記入してください。
細胞の採取 検査器具(膣鏡)を挿入し、サイトピック(場合により綿棒)で細胞を採取します。
内   診 膣と腹部の両方から手で押して子宮や卵巣の触診をします。

診察を受けるコツ

診察台に上がったら、できるだけおなかや足の力を抜いて、軽く口を開いてゆっくり息を吐くように呼吸してください。
子宮がんの検査を行うにはある一定の細胞数を必要とするため、確実に細胞を採取する必要があります。そのため、強めに擦(こす)りますので、出血が見られる場合があります。個人差はありますが、痛みも多少伴います。痛みを感じる時は、我慢せずに遠慮なく教えてください。

留意事項

  • 検査後、出血が見られる場合もありますが、3〜5日で止血します。
  • 生理中の検査はできません。予定を変更して頂くようお願いします。
    せっかく細胞を採取しても血液の混入が多いと正確な結果が出ない場合もあります。
  • 不正出血や月経不順・下腹部痛・腹部のしこり等の自覚症状がある方、詳しい検査を希望される方は、子宮体がん検査や超音波エコー・MRIを実施している医療機関の受診をお勧めします。

細胞診検査

一般的ながん検診はがんの早期発見・早期治療を目的としていますが、子宮がん検診は、がんだけでなく前がん病変を発見することも目的にしています。

正常細胞

扁平上皮
同じような形をした広い細胞質に小さい丸い核があります

腺上皮
細胞が一列に並び核の大きさが揃っています
異型細胞(前がん病変)

発がん過程がほぼ分かっており、この段階で治療ができます。がんの早期発見はもちろん、前がん病変を発見し治療できます。早期がんや前がん病変は子宮を摘出せずに治療ができ、治療後の出産も可能です
がん細胞 
 
扁平上皮癌
細胞質の形も核の形も個々の細胞で異なっています
 
腺癌
正常よりも核が大きく、配列が乱れています

細胞診の結果について

ベゼスタシステムという評価方法を用いて細胞を判定します。
NIML(異常なし)以外の判定であれば要精検です。
前がん病変は経過観察しているうちに消失することも多く、治療が必要な場合も早期がん同様に、簡単な手術で治癒することがほとんどです。
結果が要精検であった場合は必ず婦人科で精密検査を受診してください。
子宮がん検診はがんを予防できる検診です
がんになる前に治療し、がんを予防しましょう


Osaka Anti-tuberculosis Association
  〒541-0045 大阪市中央区道修町4−6−5  TEL 06-6202-6666 ・ FAX 06-6202-6686
  受付時間 午前8時45分〜11時30分 / 午後0時45分〜3時30分